- 年収500万円から始める2000万円の資産形成 - 不動産投資で堅実な収益を

不動産投資成功の秘訣がわかるE-Bookを今すぐ無料でもらう

リフレクトプロパティの不動産投資って?

ローリスク・ミドルリターンの堅実な投資

“管理しない不動産オーナー”になることです

入居率○○%

例えば、マンション1室の不動産オーナーとなり賃貸収入を得るには、とても大きなお金が動くイメージがありますが、実際はローンを利用することで、少額の自己資金で始められ、マンション1室を所有することができます。
ローン返済額は元金と利息に分かれていますが、元金返済は貯蓄と同じ意味を持ちますので、賃借人の方の家賃収入の一部で貯金をしているような感じとなります。

STRENGTHリフレクトプロパティの強み

  • お客様一人ひとりに合わせたカスタムオーダー

    お客様の現在の状況、ライフプランに合わせてプランニングいたします。独自の物件データベースから、よりお客様のご要望にお応えできる物件を選び抜いています。その物件の持つ「収益性」や「資産性」等、長期的に安定した収入を得る価値の高い物件をご提案させていただきます。

  • 3大都市圏のワンルームマンションに特化

    ワンルームマンションは一室(一部屋)ずつ購入して経営できるため、サラリーマンやOLなど、一般の会社勤めの方でも少ない自己資金で無理なく投資が始められます。3大都市圏(首都圏、近畿圏、中部圏)の賃貸マンションの平均賃料は常に安定し、収入源となる賃料は近年10年に渡り安定的に推移しており、安定した需要と資産価値の維持が期待できます。

  • 充実の経営支援システム

    私たちはマンション経営支援システムのアフターサポートサービスとして、賃貸物件オーナーの方々のために、管理サービス業務を推進しています。 これらの煩雑な業務を経験のない個人が行うのは難しいため、私どもが お客様のご都合に合わせてサポートいたします。
    例えば、当社のマンション経営支援システムの場合は、すべての業務を私どもが代行するため、煩雑な業務はいっさいなく、安心して資産運用を行えます。

入居率98%

REFLECT PROPERTYがわずらわしい管理をすべて代行!

サービスご利用者の声

自分が所有した時にイメージがもて、リスクに対しても心配なくのぞめました。

将来のイメージが持て購入した後の管理の面やアフターフォローが優れていたことが決め手となりました。
また持つことによるメリットを教えて頂き、返済後、他の物件にあてたり、貯金したりできる、確定申告でいくら戻ってきますなど具体的なトータル的に考えたお話を頂けたのもポイントでした。自分が持った時のイメージがしやすく、リスクに対しても心配なくのぞめました。

抱いていたイメージより敷居の低さに驚かされました。

今まで投資の経験はまったくなく、ネットでの情報だけでしたので損をするイメージでした。話しを聞いてみるとローリスク。リスクも自分が納得できる程度のものだったので一歩踏み出すことができました。
ひとつひとつの疑問をしっかり解決することが大事だと思います。マンション経営自体のイメージも固いものから敷居の低いものに変えてくれました。

過去取り扱い物件一例

※スマートフォンのフリック操作で他の物件もご覧いただけます。

Investmentなぜ不動産投資をするのか?

“安全性の高い資産形成のカタチ”です

通常、不動産を購入すると、自分の給与からローンを返済していき、完済すると無担保の土地が手に入ります。しかし、マンション経営の場合は、入居者の家賃収入からローンを返済します。
そして、ローンの完済が終わると無担保の土地が手に入ります。つまり、自分の給与からローン返済するのではなく、入居者の家賃収入から返済することで、ローン返済の負担が少なく、無担保の土地を手に入れることで、より安定した資産づくりができます。

“ローリスク・ミドルリターン”が特徴の安定資産

不動産投資は、「家賃収入を目的としたシンプルな資産運用」となります。家賃収入は、景気の変動を受けにくいため、株などにみられるような急激な収益の変動を受けにくくなります。
その為「ローリスクで、ミドルリターン」の投資となります。

“ご家族を守る生命保険”になります

物件購入時にマンションローンをご利用する場合には「団体信用生命保険」にご加入いただきます。それにより、オーナー様に万が一の事があった場合に、ローンの残額を保険により精算できます。その為、マンションは無償で残された資産として、ローン返済もなく、そのまま収入を得ることができますので、 残された家族も安心です。

これから不動産投資を始める方に

不動産投資の始め方がわかるオリジナルeBook「不動産投資の窓口」

無料でお届け!!

  • これから始めたい方へ
    オリジナルeBook「不動産投資の窓口」

    【内容】
    • 不動産投資という選択肢
    • 投資の目的とは
    • 不動産投資を選ぶべき理由
    • 不動産投資を始める為のステップ
  • 不動産投資成功の秘訣がわかるDVDを今すぐ無料でもらう
不動産投資成功の秘訣がわかるDVDを今すぐ無料でもらう

応募フォーム

性別
※弊社からの連絡先になります

お客様に最適な物件をご紹介させて頂くために下記項目についても記入をお願い致します。※記入は必須ではありません。

生年月日
職業
勤続年数
年収
自己資金
投資経験
反社会的勢力に対する基本方針
株式会社 REFLECT PROPERTY(以下、「当社」といいます)は、社会的責任ある企業として、暴力団を始めとする反社会的勢力による被害を防止するため、反社会的勢力に対する基本方針を以下のとおり定めるとともに、この基本方針を実現するための体制を構築します。

当社は、取引関係を含め、反社会的勢力との一切の関係を遮断します。

また、反社会的勢力からの不当要求を拒絶します。

当社は、反社会的勢力との裏取引および反社会的勢力に対する資金提供を行いません。 当社は、反社会的勢力による不当要求に組織全体として対応し、民事・刑事の両面から法的な手段を講じます。

当社は、反社会的勢力による不当要求に備えて、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。

当社は、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。
個人情報の取得及びそのお取扱いについて
ご入力いただく個人情報は、サービス提供における以下の目的に利用いたします。

なお、必須項目を入力されない場合は、お問合せへの回答ができかねますのでご了承ください。



【利用目的】

a) お問い合わせについての回答

b) 不動産の売買・賃貸、それらの代理・仲介、管理その他付帯事業

c) 上記の目的に関して、郵便物・電子メール・電話等による営業活動

d) 株式会社 REFLECT PROPERTYの各事業における、市場調査、顧客動向分析。

または、商品・営業手法開発等の調査分析



ご入力いただいた情報をシステム上で保管・管理するため、当社の選定基準を満たした事業者に委託する場合がございます。

これ以外の場合において、皆様の個人情報をご本人の同意なく第三者に提供することはございません。



ご入力いただいた個人情報に関して、利用目的の通知、個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者提供停止を求めることができます。

これらの請求をおこないたい場合は、下記の窓口までご連絡ください。



【個人情報お問い合わせ窓口】

(当社では、お電話の対応は行っておりませんので、申し訳ございませんがご了承ください。)

(受付24時間 土日祝祭日は除く)

株式会社 REFLECT PROPERTY 個人情報ご相談窓口担当者まで

〒106-0032 東京都港区六本木3-1-30ABビル 3階

FAX: 03-3560-7102

e-mail: partner@reflectproperty.co.jp
会員利用規約
この会員利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社 REFLECT PROPERTY(以下、「当社」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。



第1条(適用)

本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。



第2条(利用方法)

本サービスは、本規約及び当社が定める各諸規定の順守に同意いただき、会員登録の手続き後、利用することができます。



第3条(会員登録)

登録希望者が当社の定める方法によって会員登録を申請し、当社がこれを承認することによって、会員登録が完了するものとします。

当社は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

(1). 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合

(2). 本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(3). 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合

(4). 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合

(5). その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合



第4条(メールマガジン等配信同意)

ユーザーは、当社が、ユーザーに対し、当社又は当社の提携先等第三者に関する広告、宣伝等を含む電子メールの送信若しくは本サービス内での広告表示を行うことにつき、同意するものとします。



第5条(メールマガジン配信解除)

ユーザーは、第4条における当社からのメールマガジン等の配信を、いつでも解除することができるものとします。



第6条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

(1). 法令または公序良俗に違反する行為

(2). 犯罪行為に関連する行為

(3). 当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

(4). 当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

(5). 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為

(6). 他のユーザーに成りすます行為

(7). 当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為



第7条(本サービスの提供の停止等)

当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1). 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2). 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

(3). コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4). その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合

当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。



第8条(著作権)

本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属し、ユーザーは無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます。)、伝送、配布、出版、営業使用等をしてはならないものとします。



第9条(利用制限および登録抹消)

当社は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して本サービスの全部もしくは一部の利用を制限しまたはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。

(1). 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2). 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3). 破産、民事再生、会社更生または特別清算の手続開始決定等の申立がなされたとき

(4). 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合

(5). その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。



第10条(保証の否認および免責事項)

当社は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。

当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。

当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。

当社は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。



第11条(サービス内容の変更等)

当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。



第12条(利用規約の変更)

当社は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。



第13条(通知または連絡)

ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。



第14条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。



第15条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。



以上


会社概要

会社名
株式会社 REFLECT PROPERTY
URL
http://www.reflectproperty.co.jp/
事業内容
不動産の企画開発 投資用マンションの販売 コンサルティング 売買 仲介 管理
  • ・ 不動産の企画開発
  • ・ 投資用マンションの販売
  • ・ コンサルティング
  • ・ 売買
  • ・ 仲介
  • ・ 管理
住所
〒106-0032 東京都港区六本木3-1-30ABビル 3階
設立
平成25年12月
免許番号
東京都知事(1)第96250号
代表者
藤原靖矩