STEP4節税効果所得税・住民税の節税モデルシミュレーション

2,500万円のマンションを購入し、年間不動産所得▲100万円が生じた場合

マンション経営の収支シミュレーション
分譲価格(ローン年数/35年・年利2.5%・年返済114万円)
2,500万円
頭金
10万円
ローン金額
2,490万円
  • 年間家賃収入必要経費不動産所得110万円
  • 損益通算で賢く節税効果約14.8万円合計で減額!
  • 損益通算で賢く節税効果約24万円合計で減額!
  • 損益通算で賢く節税効果約30万円合計で減額!
  • 年間家賃収入必要経費不動産所得110万円
  • 14.8万円合計で減額!損益通算で賢く節税効果
  • 24万円合計で減額!損益通算で賢く節税効果
  • 30万円合計で減額!損益通算で賢く節税効果

※上記の数字はケーススタディ(社会保険料100万円、基礎控除のみの場合)であり、年収や扶養家族といった条件によっては内容は異なります。
また節税効果がある期間は諸条件により異なります。

  • 損益通算で賢く節税効果

    給与所得者の場合、給与を受け取った時点で所得税・住民税が控除されます。さらにマンション経営を始め、家賃収入から諸経費を引いた額が赤字になれば、損益通算を適用することで節税効果を受けられます。

  • 損益通算で賢く節税効果